コーヒーに使う水の選び方、沸かし方、注ぎ方を解説

 

まさてぃー
こんにちは!
PORT OF COFFEE代表のまさてぃーです!

 

今回は、コーヒーに使う水のお話をしたいと思います。

水によってコーヒーの味は変わるの?

コーヒーに合う水ってあるの?

このような、コーヒーに使う水のお悩みについてお答えしたいと思います。

この記事を読むと、以下のことが分かります。

  • コーヒーを淹れる際の水について
  • コーヒーに使う水の扱い方
  • コーヒーを淹れる際のポイント

それでは行ってみましょう!

 

スポンサーリンク

日本なら水道水で十分

いきなり結論のような話になりますが、日本なら水道水でコーヒーは十分美味しく味わえます。

しかし、水についてもう少し詳しくお話をすると理由がよく分かるのでお付き合いください。

コーヒーは使用する水によって味が変わります。

味が変わる大きな要素としては、マグネシウムイオンとカルシウムイオンなどの含有量の違いによる”硬水(こうすい)””軟水(なんすい)”の違いで変わります。

含有量が多いものを硬水。少ないものが軟水です。

硬水か軟水かで、コーヒーの味わいは以下のように変わります。

  • 硬水:角のある苦みが出やすい
  • 軟水:まろやかで甘味と酸味が出やすい

コーヒーの飲みやすさで考えると軟水を使用するのがおすすめです。

また、軟水でもマグネシウムとカルシウムの含有量によって味は変わります。

ハンドドリップの世界大会などになるとマグネシウムやカルシウムを添加することにより、風味の表現を行うことがありますが、家庭的ではないので今回は割愛させていただきます。

日本の水道水は軟水

日本の水道水は世界でもトップクラスの良質な軟水が多いです。

そのため、水道水をそのまま沸かしてコーヒーに使用すればOKです。

カルキ臭が気になるのなら浄水器

水道水のカルキ臭が気になる場合は浄水器を通せば、水を買うよりもコスパが良いと思います。

貯水槽を使うアパート・マンションは要注意

アパートやマンションでよく見かけるのが、貯水槽を使って生活用水を賄っている物件です。

貯水槽の清掃は年1回以上と定められていますが、においなどが気になる場合は浄水器またはミネラルウォーターやウォーターサーバーを使用することがおすすめです。

 

味にこだわるなら軟水のミネラルウォーターがおすすめ

コーヒーの味にこだわるのであれば、軟水でクセのない味のミネラルウォーターを使用するのがおすすめです。

おすすめのミネラルウォーター

おすすめのミネラルウォーターは、当ブログ御用達の「南アルプスの天然水」です。

こちらはクセがなく、コーヒーの味が素直に出るのでおすすめです。

created by Rinker
¥948 (2021/06/22 11:55:23時点 楽天市場調べ-詳細)

毎回買わなくていいウォーターサーバーも

ミネラルウォーターを毎回購入するのが億劫な方や、貯水槽物件にお住まいの方はウォーターサーバーを導入するのもおすすめです。

飲み終わったミネラルウォーターのペットボトルを大量に処理する手間が省けるのでコスパいいと思います。

»自宅で本格天然水サーバー、富士山直送の100%天然水だから健康・美容に最適/初期費用・送料0円!

 

コーヒーに使う水を沸かすのは一度だけ

コーヒーに使う水を沸かす場合は、再沸騰をさせない方がコーヒーの味が出やすいです。

水に含まれている酸素が沸騰を繰り返すことで逃げてしまうため、コーヒーの成分の抽出効率を悪くしてしまいます。

コーヒーに使う水を沸かすのは一度だけにするのがおすすめです。

再沸騰は避けましょう。

 

スポンサーリンク

沸かしたお湯はドリップケトルに移す

常温のケトルに移すと適温に

コーヒーに使う水は沸かしたら常温のドリップケトルに移すことで適温になります。

コーヒー抽出の際のお湯の適温は85~90℃前後が一番安定した味わいになります。

焙煎後1週間ほどまでのコーヒー豆なら80~85℃ほどで抽出する方法も、まったりとした丸い味わいになるためおすすめです。

お湯の温度を温度計で測ることでいつでも安定した味わいで淹れることができます。

関連記事

まさてぃー ハンドドリップでコーヒーを淹れるときに、コーヒー豆の挽き具合やお湯の温度を気にしていますか? コーヒーを粉で購入する方でも、知っておくと便利な基礎知識を今回はお話したいと思います。 コーヒーの淹れ方[…]

注ぎ口の湯を少し捨てる

注ぎ口に溜まったお湯はケトル胴体よりも温度が高いです。

抽出を始める際には注ぎ口に溜まっているお湯を少し捨ててから注ぐと安定した湯温で注げます。

温度調節機能付きケトルは便利

温度調節機能付き電気ケトルは、好みに合わせて沸かすお湯の温度が設定できます。

1℃単位で設定できるものが特におすすめです。

 

自分の生活スタイルに合った水でコーヒーを楽しもう!

コーヒーは「コーヒー豆」と「水」で出来ているとてもシンプルな飲み物です。

シンプルだからこそ、素材の良し悪しが明確に表れてきます。

美味しい水で、美味しいコーヒーを淹れましょう!

 

今回のコーヒーに使う水の解説をまとめると以下の通りになります。

  • 日本なら水道水でOK
  • こだわるのなら軟水のミネラルウォーターかウォーターサーバー
  • 再沸騰はさせない
  • お湯を注ぐ前にドリップケトルの注ぎ口の湯を捨てる

 

ということで、”コーヒーに使う水の選び方、沸かし方、注ぎ方”の疑問にお答えいたしました。

みなさんのこれからのコーヒーライフに役立ちますと嬉しいです。

以上、まさてぃーでした!

関連記事

  マサティ コーヒー好きな皆さんこんにちは!今回は自宅で淹れるコーヒーの味わいをワンランクアップさせる『微粉除去』についてお伝えいたします!   スペシャリティコーヒーのブーム到来後、自宅でコ[…]

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク