簡単に作れて便利!自家製カフェオレベースの作り方や使い方をご紹介!

マサティ
コーヒー好きの皆さんこんにちは!!PORT OF COFFEE代表のまさてぃーです!!
今回はおうちで作れる『自家製カフェオレベース』の作り方や便利な使い方をご紹介いたします!

飲みたいときに希釈して、すぐにカフェオレやアイスコーヒーを作ることができる便利なカフェオレベース。
お店に売っているカフェオレベースも良いですが、家で簡単に作れるのなら好きなコーヒー豆を使ったオリジナルのカフェオレベースを作ってみませんか?

今回はおうちで簡単に作れる『自家製カフェオレベース』のレシピをご紹介いたします。

 

まさてぃー
それでは、詳しく解説していきます!!

 

スポンサーリンク

準備する道具

  1. コーヒードリッパー(漂白のペーパーフィルター)
  2. コーヒーサーバー
  3. ドリップスケール(キッチンスケールと時計でもOK)
  4. 耐熱瓶
  5. 耐熱じょうご
マサティ
コーヒードリッパーは好きなものでOKです!
ペーパーフィルターはできるだけ漂白されたものを使うと、紙臭さがなくて良いですよ!

 

カフェオレベースの作り方

 

マサティ
準備は整いましたか?
それでは早速、自家製カフェオレベースを作っていきましょう!

分量『出来上がり量:約200ml』

  1. コーヒー豆50g
  2. お湯300g(湯温は90℃を基準にお好みで調整)

コーヒー豆(粉)10gに対して60gのお湯で抽出していく分量です。

コーヒー豆の準備をしよう

マサティ
使用するコーヒー豆は好きなものでOKです!
分量をしっかりと量りましょう。
  • 味わいや風味を損なわないように豆で購入して、できるだけコーヒーを抽出する直前に挽くようにしましょう。
  • 挽き加減は中挽きがベストです。

コーヒーミルを持っていない方はこちらのコーヒーミルがおすすめです!

こちらはハリオ(HARIO)のセラミックコーヒーミルです。
お手頃な価格のうえ、コーヒー粉の粒度(粉の均一性)がよく揃っているので入門者からでも手に入れやすいおすすめの手挽きミルですよ!

コーヒーは挽きたてで淹れるのがとってもおすすめです。
コーヒーミルを持っていないのなら、必須アイテムなので是非購入して使ってみてください。

マサティ
挽きたてのコーヒーを味わってしまうと、もう元には戻れないですよ!(笑)
created by Rinker
¥2,695 (2021/09/21 11:12:37時点 楽天市場調べ-詳細)

 

湯を沸かそう

さて、コーヒー豆を挽いている間にお湯を沸かしましょう!

お湯が沸いたら、一息置いて湯温を90℃まで落とすのがベストです。
また、沸きたてのお湯をドリップケトルに移すだけでも湯温は90℃くらいに落ちるので試してみてください。

マサティ
湯温が高すぎると過度な苦みや渋み、雑味の原因となります。
お湯の温度はしっかり測りましょうね!!
  • コーヒーを淹れる湯温の基準を90℃とし、コーヒーの特徴や焙煎具合に合わせて±4℃で調整してみましょう。
  • 淹れたコーヒーが苦いと感じたら湯温を下げ、酸っぱいと感じたら湯温を上げてみましょう。

温度の調整が面倒だという方には朗報です!
沸かす温度を設定できるドリップケトルを使えば、温度調節が簡単にできちゃいますよ。

マサティ
こちらのドリップケトルは1℃単位で温度設定ができるのでおすすめです!
関連記事

コーヒーを淹れる際のドリップケトルは、とっても重要な役割を果たしています。 通常のケトルとコーヒー用のドリップケトルの大きな違いは、注ぎ口の形状です。 通常のケトルは太口ですが、コーヒー用のドリップケトルは細口になっています[…]

 

抽出していこう

 

マサティ
ドリッパーをセットしたら、待ちに待った抽出の時間です!

1、ペーパーリンス(紙の臭いが気になる方)

まずはセットしたペーパーフィルターにお湯をかけてリンスをします。

マサティ
かけるお湯の量は、ペーパーフィルター全体が濡れればOKです!

必須ではないですが、このようにペーパーリンスを行うことで独特の紙臭さが軽減されるので、ペーパーフィルターの紙の臭いが気になる方はコーヒーを淹れる際には是非やってみてください。

ペーパーリンスを行ったら、サーバーに落ちたお湯を出してコーヒー粉をセットしましょう。

2、コーヒー粉を蒸らしましょう

コーヒー粉をセットしたら、まずは『蒸らし』を行います。
コーヒー粉全体がお湯に濡れるようゆっくりと注いでいきます。
蒸らしを行うことで、コーヒーに含まれているガスがとり出されて味が抽出されやすくなります。

  • コーヒー粉は重さのほぼ倍の量の水分を吸収します。
  • コーヒー粉の重さの倍の量のお湯で蒸らしを行うことで、ムラなく蒸らすことができます。
マサティ
今回は50gのコーヒー粉を使用するので、倍の量の100gのお湯を注いで蒸らしを行いましょう!

蒸らす時間は30秒~40秒を基準としている方が多いですが、1分(60秒)で行うのも深みが増すのでおすすめです。

今回の蒸らす時間は1分(60秒)で行っていきます。

スポンサーリンク

3、本抽出は2~3投で

蒸らしを終えたら本抽出をしていきましょう!

今回は注ぐ湯量300gのうち、先ほどの『蒸らし』で100gを使用しました。
本抽出では残りの注ぐ湯量200gを2~3回に分けて抽出をしていきます。

注ぐタイミングは30秒に1投ずつ注いでいきましょう。

  • 注ぐ回数で抽出時間をコントロールすることで、味わいの調整ができます。
  • 注ぐ回数を増やすことで深みが増し、減らすことでスッキリとした味わいになります。
マサティ
注ぐ回数は使用する豆の特徴やお好みに合わせて調節してみましょう!

注ぐ湯量のお湯をすべて注ぎ、ドリッパー内のお湯が落ちきったら抽出完了です。

瓶詰めして保存しよう

カフェオレベースの抽出を終えたら、瓶詰め作業に入りましょう。

  • 必ず耐熱のものを使用してください。
  • 抽出したてのコーヒーはとても熱いのでやけどに注意して作業をしましょう。

 

耐熱瓶にじょうご(耐熱のもの)をセットして、カフェオレベースを入れていきます。

 

マサティ
そのまま蓋を閉めて、常温に冷ましてから冷蔵庫に保管しましょう。
密閉すれば1週間くらい持ちますが、3日くらいを目安に飲みきりましょう!

 

カフェオレベースを使ったアレンジレシピ

カフェオレベースを使うことで、簡単にアレンジコーヒーを作ることができちゃいます!

アイスカフェオレ

マサティ
まずは定番のアイスカフェオレ

レシピ

  • 牛乳
  • カフェオレベース

グラスに氷を入れ、カフェオレベースと牛乳を2:5の割合で割ればできあがり。

 

アイスコーヒー

マサティ
カフェオレベースを使った簡単アイスコーヒー

レシピ

  • ミネラルウォーター(軟水のもの)
  • カフェオレベース

グラスに氷を入れ、カフェオレベースとミネラルウォーターを3:7の割合で割ればできあがり。

スポンサーリンク

コーヒートニック

マサティ
ちょっとオシャレなコーヒートニック

レシピ

  • トニックウォーター
  • カフェオレベース
  • ハチミツ or マーマレードジャム

グラスにハチミツ or マーマレードジャム・氷を入れ、カフェオレベースとトニックウォーターを2:5の割合で割ればできあがり。

 

おうちで簡単に作れるカフェオレベースがあれば、簡単にコーヒーが飲めて、他にもいろんなアレンジレシピが楽しめちゃいます。
ぜひカフェオレベースをおうちで作って試してみませんか?

 

それでは、今日も素敵なコーヒーライフをお過ごしください!!

 

以上、まさてぃーでした!!

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク