ドリップの抽出比率 ブリューレシオのお話

まさてぃー
みなさんこんにちは!
PORT OF COFFEE代表のまさてぃーです!
ブリューレシオって何のことを言うの??

コーヒーの抽出において、『ブリューレシオ』という言葉を聞いたことはありますか?

 

ドリップコーヒーを淹れるとき、コーヒー豆の量と注ぐ水(お湯)の量ってどんな比率で淹れていますか?
コーヒー豆と水(お湯)の重さの比率のことを「ブリューレシオ」と言います。

 

コーヒーは水とコーヒー豆という2つの素材からできるとってもシンプルなもの。
だからこそ、そのバランスは味わいに大きく作用します。

今回はそんなブリューレシオについて解説していきます!

この記事を読むことで以下のことが分かります。

  • ブリューレシオの意味
  • ブリューレシオの決め方
  • おすすめのブリューレシオ
まさてぃー
それでは行ってみましょう!

 

スポンサーリンク

ブリューレシオ

『そんな、いきなりブリューレシオとかいう横文字を言われても困るわぁ~。』って思いますよね(笑)

”ブリューレシオ”という言葉は簡単に訳せば「抽出比率」です。

 

まさてぃー
ざっくり言うと、ご飯とおかずのバランスのような感じですかね。

味わいの濃いおかずはご飯をたくさん食べたくなる!逆に優しい味のおかずはじっくりとご飯を味わいたくなる!
食いしん坊の発想ですが、さほどズレた発想ではないと思いますよ。

濃い味のコーヒー豆は多い水(お湯)で淹れ、優しい味のコーヒー豆は少ない水(お湯)で淹れるとバランスの良い味わいになります。

 

では、濃い味のコーヒーと優しい味のコーヒーってどうやって見極めるのでしょうか?
まさてぃー
味の性格を見極める方法を解説していきます!

大まかな見極め方法

それでは、濃い味の豆(水を多くしたい豆)優しい味の豆(水を少なくしたい豆)の簡単な見極め方法ですが、以下のようにコーヒー豆を見極めるのがおすすめです。

焙煎度合い

まさてぃー
焙煎度合いが深い豆(煎りが深い豆)ほど濃い味になります。

それは、焙煎度合いによりコーヒー豆一粒あたりの重量が変わるからとも言えます。

同じ体積でも、浅煎りのコーヒー豆は重く、深煎りのコーヒー豆は軽くなります。

同じ重さを量りコーヒーを抽出しても、1杯あたりに入っている豆粒の量が深煎りのほうが多いんです!

まさてぃー
深煎りだから濃いというよりも、深煎りなのに浅煎りと同じ比率の水(お湯)で抽出するから、濃いんですね。

コーヒー豆の種類や精製方法の違いで様々な性格はありますが、浅煎りのコーヒー豆は、果実感のある甘味があり、深煎りのコーヒー豆は深煎りにしか出せないローストした甘味があります。

その良さをしっかりと引き出してあげる手段の一つがブリューレシオなんです。

豆の性格

焙煎度合いのほかにも、避けて通れないのが豆の性格です。

例えるならば、岩塩や藻塩、精製塩も同じ量でも全く違う風味が出てくるように、コーヒー豆も同じことが言えます。


少し濃く淹れたほうが、コーヒーの良い部分が引き立つ豆もあります。

一度基準とする比率で飲んでみて、後から調整するのが良いでしょう。

まさてぃー
それでは参考までに僕が基準とする、おすすめのブリューレシオをご紹介したいと思います。

お家で淹れるコーヒーレシピの参考にしてもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク

僕が基準にしているブリューレシオ

ドリップコーヒーを淹れるとき、挽き具合も味わいに大きく作用するので、僕は基準として中挽きに挽いたコーヒー粉を使います。

コーヒー豆の挽き具合について詳しくは»コーヒーの淹れ方は人それぞれ!美味しいコーヒーを淹れるためのノウハウとは?「挽き具合と湯温編」を参考にしてみてください。

また、お湯の温度は90℃を基準にしています。

そのうえで僕が基準にしている、おすすめのブリューレシオはこんな感じです。

浅煎りは1:15くらい

まさてぃー
浅煎りのコーヒー豆を淹れるときは1:15くらいを基準としています。

コーヒー豆10gに対して、水(お湯)の量は150gという基準です。
このブリューレシオで淹れてみて、もう少し甘味がほしいな。と思ったら、挽き具合を細かくしてみたり湯温を2℃~4℃ほど高くしたりします。

挽き具合を細かくしたり湯温を上げたら、少し嫌な渋みや苦みが出そうだな。。。
と感じたらブリューレシオを1:16とか1:17にして調整をします。

中煎りは1:18くらい

まさてぃー
中煎りのコーヒー豆を淹れるときは1:18くらいを基準としています。

コーヒー豆10gに対して、水(お湯)の量は180gという基準です。
あとの調整方法は浅煎りとほぼ同じですが、中煎りから深煎りの場合は、湯温を下げることも選択肢に入ってきます。
2℃~4℃ほど湯温を下げることで、苦みを和らげることができます。

深煎りは1:20くらい

まさてぃー
深煎りのコーヒー豆を淹れるときは1:20くらいを基準としています。

コーヒー豆10gに対して、水(お湯)の量は200gという基準です。
中深煎りから深煎りの焙煎度は焙煎段階が広いので、1:20の場合は薄く感じるものもあると思います。

ブリューレシオを決める基準としては、豆の色を見てみるといいです。
深煎りになればなるほどコーヒー豆の色は茶色から黒っぽくなっていくので、色の薄いものは水の比率を減らしてあげるとバランスがとれます。

 

ブリューレシオを活用してコーヒーを楽しもう!

ということで「ドリップの抽出比率 ブリューレシオのお話」をさせていただきました。

今回のお話をまとめると以下の通りになります。

  • 豆によってブリューレシオ(抽出比率)を決めると失敗しない
  • まずは豆の焙煎度をみて基準のブリューレシオを決めよう
  • 豆の性格に合わせて微調整しよう

もっとコーヒーの味を追求したい!

という方は、コーヒーの濃度を計測してくれる「コーヒー濃度計」を活用してみるものいいと思います。

created by Rinker
¥34,760 (2021/09/20 18:02:40時点 楽天市場調べ-詳細)

まさてぃー
僕は、まずコーヒー豆をそのまま食べてみます。

「おいおい、まじかよ」って変人扱いしないでくださいね(笑)

コーヒー豆は、立派な農産物!一度食べてみると、そのコーヒー豆の性格がよく分かります。

 

まさてぃー
いろいろと想像を膨らませて淹れるコーヒーは、何よりも美味しいですよ。

 

それでは、今日も楽しいコーヒーライフをお過ごしください!

以上、まさてぃーでした!

関連記事

まさてぃー こんにちは! PORT OF COFFEE代表のまさてぃーです! 最近コーヒーを始めて、淹れ方や知識を知りたいのですが、記事がたくさんあって何から読めばいいのか分からないよ~。。。 コーヒーについて書[…]

 

自家焙煎珈琲販売しています!

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク