【片手鍋焙煎】自宅でコーヒー焙煎を簡単・手軽に楽しもう!

まさてぃー
こんにちは!
PORT OF COFFEE代表のまさてぃーです!
コーヒーの焙煎をしてみたいけれど、簡単で手軽にできる方法が知りたいです!

確かに、コーヒーを自宅で焙煎をしてみたくても焙煎機は小さいものでも高価なものがほとんど。

ガスを使用するものはこんな感じ。

家庭用の電気式はこんな感じ。

家庭用の直火式はこんな感じ。

 

まさてぃー
焙煎を始めてみたいという方にはハードルがちょっと高いですね。。。

 

今回は、誰でも簡単で手軽にコーヒー焙煎ができる「片手鍋焙煎」という方法をご紹介したいと思います。

片手鍋焙煎は手軽に出来るうえ、焙煎の基本を学ぶことができるので今後本格的にコーヒー焙煎をする人にもおすすめの方法です!

 

本記事の内容

  • 片手鍋焙煎に必要な道具
  • 片手鍋焙煎のやり方
  • コーヒー生豆の購入のしかた

 

まさてぃー
それでは行ってみましょう!

 

スポンサーリンク

片手鍋焙煎に必要な道具

まさてぃー
片手鍋焙煎に必要な道具はホームセンターですべて手に入ります!
  • 片手鍋(蓋つき16cmくらいがおすすめ)
  • カセットコンロ(火力の調節がしやすいもの)
  • ふるい
  • 時間が計れるもの(スマホのストップウォッチ可)
  • はかり(1g単位で量れるもの)

 

片手鍋焙煎の特徴

まさてぃー
片手鍋焙煎の特徴は、コーヒー豆が火に直接触れない”半熱風式”に近い味を再現できるところです。

半熱風式の焙煎は、コーヒー豆の風味特性をストレートに表現しやすいためスペシャルティコーヒーなどの焙煎に重宝されている方式です。

巷で専用の道具が販売されている手網焙煎はコーヒー豆が火に直接触れる”直火式”に近い味が再現できます。

 

風味の特徴としては以下の通りになります。

片手鍋焙煎:香りが出やすい
手網焙煎:パンチが出やすい
スポンサーリンク

片手鍋焙煎のやり方

生豆の重さをはかる

まさてぃー
欠点豆などをハンドピックしたらこのように重さを量ります。

焙煎後にも再び重さを量ることで、焙煎度合いの目安が分かります。

焙煎前と焙煎後の重さの比率を知ることで、何度焙煎しても安定した味に近づけることができますよ。

 

まさてぃー
16cm鍋で生豆100g~150gくらいの量が焙煎しやすい量になります。

火をつけたら生豆を投入する

まさてぃー
火をつけて、しばらく温めた鍋に生豆を投入します。
生豆を投入したらストップウォッチをスタートさせましょう!

鍋は火をつけて30秒くらいを目安に温め、火力は中火よりやや強いくらいが目安です。

蓋をして鍋を前後にふる

まさてぃー
ここからは豆をよく観察しましょう!

鍋に蓋をして2~3秒おきに前後に鍋をふって豆に均一に火が入るようにします。

火力が強すぎる場合や弱すぎる場合は調節しますが、あまり変えなくても大丈夫です。

 3分30秒~4分ほどで豆の色が黄色(イエロー)になるくらいの火力が目安です。

 

好みの焙煎になるまで煎り続ける

まさてぃー
豆の変化をよく見て好みの焙煎度合いで仕上げましょう

コーヒー豆は焙煎を進めることで1ハゼ(パチパチという音)と1ハゼからしばらく経って2ハゼ(ピチピチという音)という現象が起こります。

このハゼが焙煎の目安となります。

 

好みの焙煎に合わせてハゼを目安に火力を調節していきましょう。

火力の調節の仕方は、目標のハゼ(1ハゼ or 2ハゼ)前に火を弱めていき火が入りすぎないようにしていきます。

 

以下を目安に火力を調節して焙煎終了まで進めていきましょう。

焙煎度合い浅煎り中煎り深煎り
焙煎終了の目安1ハゼ前半~1ハゼ後半1ハゼ後~2ハゼ前2ハゼ始め~2ハゼ後
ハゼ中には煙が出てくるので鍋の蓋を開け閉めして空気の入れ替えをしましょう。
鍋内の空気の入れ替えを行うことで温度が上がりすぎず、豆が均等に焼けて煙によるスモーキーさを抑えられます。

 

まさてぃー
豆の変化やハゼの時間をしっかり記録することで、何度でも再現できるレシピが作れます!

 

焙煎終了・排出する

 

まさてぃー
煎り終わったら、ふるいに豆を出して冷まします。

非常に高温になっているので火傷に気を付けてドライヤーの冷風やうちわで扇いで冷ましていきます。

チャフ(コーヒー豆の皮)がたくさん出るので注意しましょう。

出来上がり

まさてぃー
豆の温度が常温くらいに下がったら出来上がりです。
スポンサーリンク

参考になる動画

片手鍋焙煎の神様である「煎りたてハマ珈琲」さんの片手鍋焙煎動画をご紹介します。

こちらの動画を参考にするとリアルタイムで焙煎の様子が分かっておすすめです。

 

コーヒー生豆が買えるネットショップ

まさてぃー
コーヒーを焙煎するには生豆の購入が必須です!

今回は手軽な量でコーヒー生豆が購入できるショップをご紹介いたします。

松屋珈琲

生豆が1kg~購入できるので、おうちコーヒーで焙煎を始めるにはとても便利なショップです!

松屋珈琲〜コーヒー生豆通販専門店の通販サイト

コーヒー生豆通販専門店「松屋珈琲」の通販サイト。安価にコーヒー生豆を提供しています。…

 

chouette torréfacteur laboratoire

品質の高いコーヒー生豆が500gから購入できます。

上質な、おうちコーヒーを楽しむにはおすすめのショップです。

コーヒー生豆 | chouette torréfacteur laboratoire powered by BASE

東京世田谷区にあるchouette torréfacteur laboratoireのOnline storeです。3つ…

 

メイクブラウン by YANAKA COFFEE

スペシャルな生豆を350gから購入できます。

価格は少し上がりますが、生豆の品質がとっても良いです。

メイクブラウン

コーヒーの生豆販売サイト、MAKE BROWN(メイクブラウン)です。 ご自宅でコーヒーを焙煎したい方、自家焙煎…

 

片手鍋焙煎でおうちコーヒーを楽しもう!

まさてぃー
片手鍋があれば自宅で焙煎が簡単に出来ちゃいます!

好きなコーヒー生豆を購入して、好きな焙煎度合いで焙煎してコーヒーを飲むというコーヒーのスタイルは、コーヒーの楽しみ方をさらに広げてくれると思います。

ということで”自宅でコーヒー焙煎を簡単・手軽に楽しめる片手鍋焙煎”についてお話をさせていただきました。

 

今回のお話をまとめると以下の通りになります。

  • 片手鍋でコーヒー豆の焙煎は簡単にできる
  • 専用の道具は特に必要ない
  • 好きなコーヒー豆を好きな焙煎度合いで楽しめる

それではみなさん!今日も楽しいコーヒーライフをお過ごしください

以上、まさてぃーでした!

関連記事

  まさてぃー みなさんこんにちは! PORT OF COFFEE代表のまさてぃーです! 今回はコーヒーを選ぶ際に『浅煎り・中煎り・深煎り』など、コーヒー豆の煎り具合についてのお話です。 私た[…]

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク