PORT OF COFFEEの新商品に「エルサルバドル パカマラ」が登場

  • 2021年4月20日
  • 2021年4月20日
  • 開業

まさてぃー
こんにちは!
PORT OF COFFEE代表のまさてぃーです!

この度、PORT OF COFFEEの商品に新しいコーヒー豆が加わりました!

 

スポンサーリンク

エルサルバドル パカマラ 150g 中煎り が登場!

この度、新たなラインナップとして「エルサルバドル パカマラ」を販売開始いたします!!

エルサルバドルはさまざまな歴史的背景から、コーヒー栽培としては紆余曲折あり苦労されている国でもあります。

 

かつてはコーヒー大国としての生産量も誇っていたエルサルバドルですが、現在は全盛期に比べると半分ほどの生産量。

しかし、コーヒー栽培の立て直しを続け、近年ものすごい勢いを増しているポテンシャルを秘めた国でもあります。

 

そのあたりの詳しいお話はこちらをご覧ください。

関連記事

エルサルバドルから新しいコーヒー豆が届きました!! 「エルサルバドル」と言われてもどこにある国なの??と思う方もいると思いますが、太平洋に面した中米の国になります。 地図だと、こんな感じの場所にあります。 […]

優れた個性をもつコーヒーが栽培されており、ファンも多い生産国です。

僕自身も魅了されている人間の一人でもあり、エルサルバドルという国がつくるコーヒーの魅力を伝えたい気持ちで今回のコーヒー豆の販売を決めました。

 

パッケージデザインはkokometry コノカさんが担当

パッケージデザインは、「写真×デザイン」で新しい魅力を発信するクリエイティブユニット”kokometry(ココメトリー)”コノカさんに担当していただきました。

kokometry:100日めくりART BOOK『Here』下記のようなSNSコラボ企画やってます。

とても温かい作品を世に送り出しているkokometry。

あたたかい温もりを感じながらコーヒーを味わっていただきたくて、kokometryのコノカさんへお願いさせていただきました。

 

今回は、コノカさんにサンプルローストを実際に味わっていただき、コーヒーのイメージを温かい表現力でパッケージにしていただきました。

爽やかで、でも温かい。

まさに陽の光と爽やかな風を感じる味わいが表現されています。

デザイナーというお仕事をしている方は、表現者として感覚が優れていて引き出しが多くて、それを実際に形にできる凄い人なんだなぁ。

と、改めて実感いたしました。

 

エルサルバドル パカマラの特徴は?

爽やかな甘さと滑らかな質感、コクのあるパカマラ種を中煎りに焙煎いたします。

フレンチプレスや金属フィルターではアプリコット、はちみつを思わせる優しい甘み。

ペーパードリップではブラッドオレンジを思わせる爽やかな甘みを楽しめるコーヒーとなっております。

 

-内容量-
150g(約10杯分)

-生産地-
エルサルバドル
ケサルテペケ、エル・ボケロン

-標高-
1450~1600m

-精製-
イエローハニー

-品種-
パカマラ

注文後に焙煎させていただき、チャック付きのパッケージでお届けします。

焙煎後5日~2週間ごろが最も風味が綺麗に感じられておすすめです。
焙煎後2ヶ月以内は美味しくお楽しみいただけます。

ご購入はこちらから↓↓↓

 

これからも、「美味しいコーヒーとみなさまに笑顔を」を胸に邁進してまいります!

PORT OF COFFEEをよろしくお願いいたします。

 

以上、まさてぃーでした!

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク